既婚の女性は落ち着いたカラーを選びましょう

秋冬の時期になると、友人や親戚の人の結婚式に招待される機会が増えるので、訪問着を着用したい人が多いです。訪問着は留袖とは違い、着物の裾だけでなく、上半身にもきれいな絵羽模様が入っており、上品さの中に華やかさもあるので、既婚、未婚を問わずに着用ができます。基本的には花嫁が主役なので、花嫁よりも目立つ衣裳を着用してはいけませんが、ある程度の親しい間柄の場合は、高品質な素材を使用しており、高級感のある商品を選ぶことが大事です。20代から、40代以降の人まで着用ができますが、年齢によって、似合うカラーや柄には多少の違いがあります。30代以降の既婚の女性は、落ち着いた印象の柄やデザインを選ぶことが大事です。慶びの席に出席をする時は、淡いピンクや、黄色、水色などの着物がお勧めです。

20代の若い人にお勧めのカラーを知っておきたい

20代の女性は、友人や知人の結婚式に招待される機会が増えますが、フォーマルな印象の着物を着用したい人が増えています。30代以降の女性は、落ち着いた印象の古典柄の着物を着用する人が多いですが、若い年代の人は明るい雰囲気の、モダン柄の着物も良く似合います。若い女性は明るいピンクはとてもよく似合います。着物の柄もきれいな花模様は高い人気がありますし、金の刺繍が入った商品も華やかさを演出できるので、お勧めしたいです。専門店に足を運ぶと、上品さの中に清楚さが感じられるデザインの商品が揃っているので、振袖を着用するのに抵抗のある20代後半の人にぴったりです。豊富な柄の商品が揃っているので、自分の顔立ちや雰囲気に合った商品を選んで下さい。顔色が良くみえる着物を選ぶと、新郎、新婦の両親や親戚の人にも好印象を持ってもらえます。

40代50代の人にも似合うピンクがあります

縁起の良い吉祥柄が入っている商品が多く、黒留袖を着用するのには若い30代の人に人気があります。新郎、新婦の姉妹は留袖を着用する人が多いですが、落ち着いた印象の訪問着も根強い人気があります。結婚式などの慶びの席では、明るめのカラーの着物がお勧めです。40代、50代の人は、ピンクの着物を着用するのに抵抗を感じている人が多いですが、淡く渋い印象のピンクもあるので、安心して着用ができます。白は花嫁のカラーなので、白地の着物は避けたほうが良いでしょう。花嫁は白無垢や打掛などの和装を着用する人が多いので、白っぽいカラーの着物は避けることが大事です。基本的な着物のマナーを知っておくことで、新郎、新婦、ゲストの人にも好印象を持ってもらえます。帯は着物のカラーや、デザインに合った商品を揃えておくと安心です。

サービス概要、着物を愛するお客様のニーズにお応えし、魅力的な着物との出会いがあるよう多くの着物をご用意しています。 新着の着物やお買得の着物をリーズナブルな料金で多数品揃えしており、柄や全体のイメージも複数の写真で確認していただけるようにしております。 当店では在庫処分のきものや帯もとりそろえているので、ネットを利用してお得にお買い物をしていただけます。 訪問着に困ったら種類が豊富な京都きもの市場へ